特許申請書って、自分で書けるよ ー 長谷川純子

 

2年前のある朝、突然思いつく。

 

あれ?これって、
なんでこんなに面倒なんだろ?

こうしたら、もっと簡単で楽なのになぁ。

 

その日から遡る事、1週間程前、
テレビで、小学生が特許を取ったという
ニュースをやっていた。

「すごいなぁ。小学生でも取れるんだ」

と思ったことを思い出す。

 

そして、ここで、
私の頭のシナプスがビビビッと繋がる。

「あ!これも特許取れるんじゃない?」

 

会社で意匠登録を持っている友達に
相談してみると、

「このタイプの商品が、
    アマゾンと楽天に売ってなければ、
    世の中にないと思っていいから、
    検索してみて」

ほほお。

 

いざ、検索。
ない!ないぞ!
こりゃ〜〜いけるかも〜〜♩

 

そこから、私の
「特許取れるからクエスト」
略して「特クエ」が始まる。

 

特許を取るにはどうしたらいいのか?
まずはネットで検索。
普通に考えると、
弁理士さんにお願いして書いてもらう。

そうすると、
だいたい100万円ぐらいかかる!

ひゃ〜〜100万円! 無理だ꒰꒪д꒪|||꒱

 

でも、ネット上には、

「特許申請書は自分で書けます」
「自分でできる特許」

などと自分でできると山程書いてある。

 

素直? な私は、

ほぉ。自分で書けばいいのか!

 

ということで、今度は、
自分で書く特許申請をネットで検索したり、
本屋で本を買い、調べる。

見よう見真似で書いた文章。

 

 

まだまだ続きはあるのですが、
申請の結果が来るよって
お知らせがいよいよ
特許庁から来たので、
プロローグだけ書いてみました。

 

次回、結果発表いたします!

 


「Heilen head」Webサイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です