ITエンジニアの仕事に役立つ勉強とは① ー 亀田恭平

最近リリースしたアプリ「虫育成ゲーム むしいく」
https://www.nature-engineer.com/entry/2019/02/04/084526
このゲームでも、使っているのは基本加減乗除で、
複雑な計算式は使っていません

 

今回は、学生時代に勉強するものの中で、
ITエンジニアが最も使うものを
考えたいと思います。

※ 全てからだと英語とか日本語とか
 含まれてしまうので、「理系」の勉強に
 絞って考えたいと思います。

 

エンジニアと言えば、
いわゆる理系の仕事と言われます。

だからきっと、
仕事で難しい数式とか使う事を
想像するかもしれません。

しかし正直言うと、ITエンジニアの仕事で
そんなに複雑な計算式を使うことは
多くありません。

 

ほとんどのエンジニアは、
計算時には電卓的なツールを
使うと思います。

自分で計算するよりも速いし
ミスもないですからね。笑

 

では、何を使っているか?
それは、数学の「証明」だと思います。

 

証明とは例えば、以下のようなもの。

・4の倍数は偶数であることを証明しなさい

この問題をすごくざっくり解いてみると、


y=4x

y=2*2*x

以上から、yは必ず2が掛けられるので、
4の倍数=偶数である。

という感じ。

日々のエンジニアの作業では、
こんな問題をたくさん解いています。

 

例えばシステムに不具合が発生した時、
その原因を特定する必要があります。
しかしプログラムを
1つ1つ順番に見ていたら
途方もない時間が掛かってしまうので、

この「証明」の考え方を使って
問題を紐解いていくのです。

 

エンジニアのような仕事に求められる
「論理的思考」というのは、

ほぼ証明問題ではないかなと思います。

 

というわけで次回は、
エンジニアが原因を特定していく
実際の過程の例を紹介したいと思います。

 


「ネイチャーエンジニア」 web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です