2.12の亀田さんへ

 

 
 
書き出しがナイス!
ちょうど昨日、生徒がうるさいので、

「物音をたてるな!」

と叱ったところ、


「呼吸もですか !? 」

とベタな反応が。


「もちろんだ」

と返したところです。

 
 
さて、学校で習う項目で

「最も大事なのは?」

と聞かれれば、私も迷いなく

「証明」

と答えます。

 
 
証明問題はぜひ小学校のうちから!
最悪でも中1で全部やってしまえ!
 
という運動を個人的に
繰り広げているくらい、大事です。
 
 
しかも「証明」は
数学だけの話ではありません。
証明ができるようになれば、
全ての教科の得点が伸びます。
 
「国語(現古漢)と英語は数学と一緒です」
 
なんて話をすると、
「???」と思われるかもしれませんが、
国語も英語もシステムがあって、
それに従って作られています。
 
 
だから、

「こうだから、こう」
「こうだから、これではない」

という判断を積み重ねていくことで、
必ず揺るぎない正解が導けるわけです。
 
 
そもそも、入試では「論理的」な文章が
題材にされているのですから、
当然、論理的に考えれば解けるはずです。
 
 
文系科目は水モノ。
 
とよく言われますが、それは間違い。
数学と同じくらい確実なものです。
 
証明は大事!

というお話でした。
 
 
しかし、アゲハの幼虫のアレが
目ではない!
と言われたときの衝撃といったら。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です