のらないこと ー 土井サオリ

 

会社帰りは、乗換えのために毎日
大阪駅構内を20分ほど歩く。

 

毎日のように気をつけている事は、

「どれだけリズムに
 乗らないで歩けるか」

駅構内はありがたいことに
音楽が流れていることが多い。

 

ふと我に返ると
(あれれれ、れ)

流れてくるリズムに
歩幅がもってかれる
(のってない、のってない
 リズムになんて、のってない)

と想いながら

リズムと妙に合い一人でギクシャクする。

 

そんな時、よく使う技は

「なるべく深い呼吸をしながら
 頭の中で数を数えること
 (いーち、にー、さーん・・・)」

だんだんリズムが聴こえなくなって
マイペースで歩けるようになるのだ。
(病気ですかね?)

 

駅構内を歩いているときは、

「どれだけリズムに乗らずに歩けるか」

「どれだけ人にぶつからずに歩けるか」

この2点を特に重要視していることを
伝えておきたい。

 

そんな私も、
ようやく頭の中で描いていた
「週末店舗」をオープンしました。

 

準備に長い時間がかかりましたが、
これからは店内のリズムに乗りながら
一歩、また一歩。

 


「ふるふる舎」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です