2.27のchon-muop櫻井さんへ

 

2.27のchon-muop櫻井さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
想像を裏切るシゴト ” について。

 

演劇と異なり、
受験問題を解くときは
「想像通り」でなければなりません。

 

想定外のことが起こったならば
それはワクワクではなく、
ただただ「ツー」っと
冷や汗が流れるくらい。

 

受験勉強を極めてくると、
相手がどこの高校、大学であれ

「こう攻めてくるだろうな」

というのがわかってきます。

 

すると、こちら側としては、

「はいはい。おいでなすったな」

と最小の動きで仕留めるだけ。

 

「想像通り」の境地に立てれば
「試験前に緊張」というのもなくなります。

 

試験本番はこんな感じ。
しかし、日々の授業は演劇に近いもので。

 

学生時代、先生のなかで
「予定調和」になっている授業に
不満を覚えていました。

そりゃあんたはできるだろうけどさ。

と。

 

その不満を持たせないためにはどうするか。
clue zemiでは
「アドリブ」を重視しています 。

 

なにも用意せずフラッと現れ、
生徒と同じように問題を解く。

 

そんな感じなので、
ここはこうで〜と説明していると、

「ん !? あれ?
   あ、ごめん! 間違えた!」

というのは日常茶飯事。

 

怒る人は怒るのかもしれないけれど、
どこで引っかかりやすくて、
どういう修正の仕方をすればいいのか、
ということを一緒に体験できるのは
いいことなんじゃないかと思います。
私たち自身も勉強になりますし。

 

youtube世代の皆さんには
「完璧」よりも「リアル」が受ける。
そんな手応えを感じています。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です