お披露目 ー タニムラカヤ

 

先日、オリジナルの新商品をひっさげて
合同展示会に参加してきました。

 

 

自分たちが考えて形にしたものを
お披露目するのは楽しくもあり、
ちょっと怖くもある。

 

会議室では、

めっちゃいいやん!
これ、サイコー。

ってみんなで言ってても、
内輪ノリの可能性が拭いきれへんから。

 

 

でも今回の新商品は
思った以上に反響があり、
好評で嬉しいと同時に、

そうやろ? かわいいやろ?
そう言うと思ったよ!

っていう、ドヤ感もある。

 

どんなモノ、商品コンテンツも
誰かが作ったのは当たり前やけど、
作る前にもどうやったら
それが素敵になるのか、
おもしろくなるのかを
真剣に考えている人たちがいる。
わたしは、何かを見た時
その事に思いを馳せたくなる。

 

なんで、これを作ろうと思ったんやろう?
ひとりの人のひらめきとか、
狂気から生まれたのか、
チームで苦労して作ったのか、
それともゲラッゲラ笑いながら作ったのか。
そんな妄想をするのが結構好きです。

 

そしてそれもまた、
わたしのひらめきの種になってる事は
間違いない。

 

さてさて、今回のうちの商品は
どんな感じで生まれたのか、
みなさんも妄想してみて下さい。

 


「Giiton」 web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です