3.20の檜垣さんへ

 

 
 
中高生の皆さんにとって
「英語力がある」というのは、
「ルール通り訳せている」ことで。
 
 
でも檜垣さんが勝負している翻訳の世界は、
きっとこれとは違うのだと思います。
 
 
もちろん、中高で習う英語のルールは
根底にあることは間違いないにせよ、
ルールを完璧に! という戦いではなく、
それを超越した、なにか
芸術的なものであろうと思います。
 
 
人が操る言語なのだから、
多様性があって然るべし!
 
とは思うのですが、残念ながら
受験英語ではそれが通用せず。
 
 
The cake made by Kumi was delicious .
クミが作ったケーキはおいしかった!
 
と書いてきた生徒に、
私は泣く泣くバツをつけます。
 

「おい!どこが間違ってるんだ!」

と胸ぐらを掴まんばかりの皆さんに、
答えは…
 
「クミによって作られたケーキはおいしかった」

です…
と蚊の鳴くような声で答える私。
 
 
どう考えても、
前者の方が気持ちいいのですが、
 
「byのところを
   ちゃんと訳してもらわないと
   減点になるもんで…」

「ちゃんとってなんだよ!」
 
 
うーん。DAYONE。
まぁ、受験英語ということで
割り切っていただくほかないのですが、
「翻訳」ってアプローチからも
英語を学べる機会があるといいですね。
 
 
最近は高校の予備校化傾向が強まり
そういう時間が全くなくなっていることが
ちょっと気がかりであります。
 
 
それにしても!
「世界最高峰の知性」の言葉を
翻訳している檜垣さん。
 
 
なんだかこれ、
とんでもないことではないですか !?
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です