3.26の土屋さんへ

 

3.26の土屋さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
本を片付けるということ ” について。
 
 
私もご多分に漏れず、
春なので整理の真っ最中です。
 
「3か月手にしていないものは
   不要なものなので処分」

みたいなルールを
なんかの本で読んだので、

それに従ってやっております。
 
 
けっこう、バッサバッサと
処分できているのですが、
1番困るのが「本」。
 
 
一度読んだ本はなかなか
3カ月以内に手に取ることはなく…。
そんでもって場所をとる。
 
 
でも、「ハッ!」と思ったときに
手に取れる状況でありたい。
 
 
そう考えると、もうこれは
雪だるま式に増えていくのを
黙認するよりほかありません。
 
 
本が増えていくことには肯定派
(やや言い訳)ですが、
受験生の皆さまにおかれましては、
本棚を参考書・問題集で
埋め尽くすことをおすすめはしません。
 
 
本が並んでいると
賢くなった気になりますが、
と同時に、焦りが生まれてきます。
 
 
あれ。
果たしてこの全ての事項が
自分の頭の中に入っているのだろうか。
 
 
当然入っていないわけで、
受験直前に冷や汗を流しながら
闇雲にページをめくり始め、
路頭に迷う。
 
 
こういう人は多いです。
 
 
とるべき方法は、1、2冊に絞り
そこからこれでもかってくらい
要素を絞りとることです。
 
 
でもって、
ここでおすすめなのが、
絞り終えたらその本は捨ててしまうこと。
 
 
つまり受験直前に、
本棚はカラになっているのが理想です。
 
 
私が受験生のころ、

「受験当日に持っていくべきは
    A4いちまい。
 そこに全てのエッセンスを凝集していけ」

とおっしゃる先生がいました。
 
 
さすがに1枚には収まりませんでしたが、
そのやり方は非常に役にたちましたよ。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です