ここに記す ー タニムラカヤ

 

去年末、
ルーティンである商品を企画する事や
ワークショップ以外の仕事を頼まれた。

 

とある大型書店の地方の店舗での、
クリスマス用ディスプレイの造作物。
(季節外れでごめんなさい。)

 

直径70cm~80cmくらいの大きさで、
こんなイメージのものを作りたいんです!

と写真を見せられた。

 

ほぉ・・・・。
えっ?そんなん作れるんか?って
思ったことは内緒にして
いつもと違うことに挑戦できることに
ワクワクしてる自分が勝って、

 

やりますよ。
できますよ!
ちょっとお時間ください。

と返事してた。

 

思ったよりも、どうやって作ればいいかの
アイデアはするすると出てきて
制作には
時間がかかったものの
(1個作るのに7時間くらい)
ええ感じに仕上がった。

 

 

作業は、

新たなエクササイズですか?

ってくらいの動きが必要やったけど、
編み物とも違う、
商品を企画するのとも違う楽しさがあった。

 

1ヶ月だけしか展示されへん、
儚い制作物の仕事やったから
ここに記します。

 

写真では、わかりにくいけど
そこそこでかいねんで!

 


「Giiton」 web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です