合格の喜び ー 長谷川純子

 

受験シーズンも終わり、
合格の悲喜こもごもあったんだろうなぁと。

 

すべてを終えた
受験生やその親御さんたちが、
後回しにしていた歯の治療に、
もうそろそろ来始めると思います。

 

私は、小中高と私立だったので、
合格の喜びの記憶はなく、
大学も人生で明海大学歯学部一校しか
受かってないから、
合格ハガキが届いた時は

「嘘だぁ〜〜」

って感情の方が強く出ていたような。

 

大人になると合格とか
試験に受かるとかって少なくなりますよね。

 

でも、私にはそのチャンス到来!
特許です。

私の特許が許可されないとか
ないんですけど?
取れたらいいなぁ。

と思ってやってきた3年間。

 

先日、余りに結果が遅く、
電話で問い合わせする事に。

「あのちょっと結果が遅いので、
   進捗状況(進み具合)を
   教えていただきたいなぁ〜と思いまして」

ここで、特許庁を不機嫌にさせて
許可が無しにでもなったら困りますからね!
こんな時は、
もちろん低姿勢を貫きます(´皿`)

 

「あ〜〜そうですよね。
   かなり遅いですもんね。
   はいはい。まぁぶっちゃけて言うと、
   許可の方向で動いてますので、
   待っててもらっていいですかね?」

 

え〜〜〜〜꒰꒪д꒪|||꒱
袋を開けて、ドキドキしたかった〜〜

はい。
大人になって、滅多にない
合格発表の機会をばっちり逃しました。

 

でも、やりました!

 

取った特許は、
「簡単にはめられるピアスホルダー」です。

 

試作品も自分で作りました。

 

面倒くさがりで歯科医の私が
ある日突然、ピン! と閃いた。
そんな感じ。

 

受験生の皆様。
悲喜こもごもあったと思うけど、
お疲れ様でした。

 

今月で、コラムは1年。
早いものです。


「Heilen head」Webサイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です