4.5の尾形さんへ

 

4.5の尾形さんのコラムについて。

 

クラブミュージックの世界に
身を置いておりますと、
川崎がいかにヤバいか。
という話をよく聞きます。

 

怖い街なんだな〜と思いつつも、
話題に上がるくらい、
多くのアーティストを
輩出しているのも事実で、

いったいなんなんだ、川崎とは!

と、思っていたところに
「ルポ川崎」という本が出版。
氷解とはまさにこのことで。

 

この中にアーティストの言葉で

「コンプレックスがあったからこそ」


的な話が書かれています。

 

コンプレックスというのは
ない方がいいと思われがちですが、
そうではなく、
ないといいものは生まれない。
日本敗戦後の
高度経済成長も然りですね。

 

勉強の世界でも
どん底から這い上がってきた人が
けっこう参考書などを
書いてはいるのですが、
やはり

「小学校からちゃんとやってないと」

という空気が超強め。

 

どん底だからこそ、受験をやらせたいな。
と私なんかは思うわけで、
今年は「ヤンキー向け授業」をやろう!
と年初に誓ったものの全く手が回らず。

 

私も仙台市とコラボしたい!
尾形さんさすがだな〜
指をくわえながら書き込みを読みました。

 

 


コメント1件

  • 尾形弓子 より:

    永井さん!さすがです!
    「ルポ川崎」をご存知とは。
    この発売記念イベントのトークショーにお邪魔した事が、「川崎を盛り上げたい」活動の最初の私のアクションだったんですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です