興味を持つことで世界が広がる ー 亀田恭平

キマダラセセリ

 

先日、僕のブログで
セセリチョウを紹介しました↓

チョウなの? ガなの?
蝶と蛾の中間の存在「セセリチョウ」の
特徴と種類を紹介

https://www.nature-engineer.com/entry/2019/04/06/090000

 

この記事でも紹介しているのですが、
実は僕が子供の頃はセセリチョウは
地味な虫だと思っていました。

 

しかし大人になって彼らをちゃんと知ると、
いろいろなセセリチョウがいるし、
とっても面白い虫であることが
分かりました。

 

他にも、子供の頃は気に留めなかった
小さな虫も面白い虫たちばかりだし、
昔は全く興味のなかった
野花も今は大好きです。

 

4月は桜で人がにぎわいますが、
この時期は桜だけでなく
野花も一斉に咲き出す季節なので、
上だけでなく足元を見ても
楽しめるんですよ♪

 

なぜこういう変化が起きたかというと、
僕が「自然を本気で学びたい」と
” 視点 ” が変化したから。

 

このようなことは
自然以外のことでもありました。

 

例えば、僕は高校時代は

「政治経済の授業なんてつまらないだけ」

なんて思っていましたが、
自分で事業や株をやり始めると
経済ニュースに
興味を持つようになりました。

 

さらに一度興味を持ってハマったことは、
結構自分の中に知識や興味が残るんですね。

 

僕の場合、

・学生時代ずっと陸上をやっていた 
    → 陸上の大きなニュースがあると
         ついつい見ちゃう

・子供の頃に
   ずっとドラゴンボールが好きだった
    → LINEスタンプ使ってる


などなど。

 

ということは何かに興味を持った数だけ、
自分の中に含蓄が溜まるし、
他の人との会話のきっかけも増え、
世界が広がっていくのです。

 

実際僕は自然の事業を始めて
訪れる場所が変わったり
話題も増えたことで、
年上の先輩たちとの接点が増えました。

 

何でも浅く広く手を出し過ぎることは
あまり身にならないと思いますが、
本気で興味を持ちハマる経験を積むことは、
自身の可能性を広げることになると
思います。

 

何かに興味を持てることは、
未来や可能性が広がる強力な武器になると、
僕は思います。

 


「ネイチャーエンジニア」 web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です