新しい元号を見て思ったこと ー 秋津眞未

 

4月1日に発表された新元号「令和」。
5月からは、新しい時代になるんですよね。

 

昭和生まれの私は、
しみじみと時間の流れを感じています。

 

元号は、日本の独自の文化です。

元号なんてなくて
全部西暦でいいんじゃないか?

という意見もあるようですが、
個人的にはこの文化は続いて欲しいなあ、
と思っています。

 

実は、私がやっている
「やまと式かずたま術
  (日本式数霊術)」では、
元号からも時代を
少し見ていくことが
できます。

 

例えば、

 昭和=101 → 2 
         二極の時代(敗戦と復興)でした

 平成=53  → 8 
           自然災害は多かったものの、
         戦争のない平和な時代でした

ということが見えてくるんです。

 

では、令和は?

 令和=95 → 5 
              安全であり、可能性を感じる時代

だと思っています。

 

平和であること、安全であり、
未来に向けた可能性を秘めた、
そんな期待できる時代に
なってほしいと
思っています。

 

 

さて、この写真は先日、
家の近くの桜の名所で撮りました。

 

この景色が、これからも見ることができる
素敵な時代であって欲しいなあ、
と思っています。

 


「はれま.」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です