私が爪を塗る理由 ー 上間美絵

 

4月、桜、入学、新天地

なにか始めなければ
いけないような気にさせる季節

新しく何かにとりかかる理由を
見つけやすい季節

 

いろんな始まりがありますね。

 

私の母はマニキュアを塗らない人です。
家の中には何も
ネイルのきっかけがなかった。

 

今はあまり見かけないけれど
薬局や雑貨やさんに並んでいた
爪磨きセットを
祖父に買ってもらった頃から
爪に執着しはじめた記憶。

 

目の荒いバフからはじめて、
次に細かい目のバフ。
仕上げに粒子の立ったクリームを
鹿皮バッファーへのせて
一気に磨きあげる。
ピカピカつるつるするのが嬉しくて
ランドセルに忍ばせていました。

 

ながらく透明な爪で満足していた私は
「色もつけられる」ことを
ドリカムの晴れたらいいねを
朝ドラ ( ’92 ひらり )ついでに
口ずさんで気がつくのです。

 

その後から今日まで
誰にもたのまれていないのに、
せっせと爪に色をのせて 笑っていました。

 

私が爪を塗る理由はただ一つ
自分がうれしい、これに尽きます。

 

こういう「自分がうれしい」の類いは
将来役立つことはないだろう、
学業の邪魔だ、と
大人に思われていそうと
先回りをして、
いっとき自ら遠のけました。

(怒られるのが極端に嫌い)

 

それが仕事となる事も
あるとわかっていれば
もっと堂々と、現実主義な大人の視線に
立ち向かえたかもしれません。

 

何か自分なりの嬉しいことが見つかり
始めている人全方位へ

手放さなくていいんだよー

とささやかにお知らせしたいです。

 


「hokuri」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です