1周回ってアリ!? ー 金川カモメ

 

ここ2、3年企業向けの展示会へ
積極的に参加していることは
以前コラムに書いた。

 

展示会は様々な業種の方々が
集まる場所なので、
イラストレーターと初めて関わるという方も
多いようだ。

 

つい最近新規のクライアントさんに、
新旧取り混ぜた作品集を
見ていただく機会があった。

 

その方は今はほとんど使用しない
クレパスで描いた、
10年ほど前の作品が
面白いと言ってくださった。

 

そういう方々と接すると、
自分のイラストが今までとは違った目線で
見られているなと感じて
私も新鮮さを覚える。

 

また初めてイラストで
賞をいただいた時の審査員の方に

「クレパス好きですよ」

と言われとても嬉しかった記憶がある。

 

クレパスは私が初めて
夢中になった画材で、
ずっと愛用しているuniボールペンの次に
思い入れのある画材。

 

その頃は今よりクレパスを使っている
作家さんが多かった。
流行の移り変わりもあり
しばらくして自分の中での
「クレパスブーム」が去り、
今ではあまり使わない画材になっている。

 

自分では飽きている作品でも
見る人によっては
新鮮さを感じていただいているようで
私も興味深い。

 

ここ数年の90sブームをみると、
渋谷系ど真ん中世代の私にとっては
懐かしい感覚の方が大きい。
より若い世代の目には当時の流行が
新鮮に映っているのだろう。

 

私のクレパス画も1周回って
アリになったのかもしれない。

 


金川カモメのブログ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です