サイズ ー 赤木美名子

10年くらい前、和服の熱病にかかった。

 

リサイクルショップやオークションで
さんざん散財し、
まるでコレクター。
一時的な所有欲を満たしただけで
立派すぎるタンスの肥やし。

 

10年経っても着たいと思えるものは
生地から選んで
自分のサイズに仕立ててもらったもの。
ただでさえ手間がかかる着付けも
自分のサイズだと短時間で済む。
そして、手元に届くまでの時間がまたいい。
あつらえた和服に対する愛着は
何年経っても変わらない。

 

自分サイズに仕立ててもらった和服を
着るという贅沢を知って

和服のおもしろさを知ったと同時に、
パタンナーのわたしは
ますます着る人のサイズにあった洋服を

作りたいと思った。

 

強く思い続けると叶うもので
縁あってそれぞれの役者さんに
あわせた衣装を
つくるよろこびを
経験することができたけれど、
新潟に来てからは距離的な問題があり、
残念なことに衣装の仕事ができなくなった。

 

もんぺ製作所をはじめるにあたり、
直接受注の機会を与えてくださる
お客さまには
この愛着のよろこびや
贅沢をご提供したいと思った。

 

 

今月初めて受注展示会を開催。
お客さまを採寸し、
108種類からの生地を選んでいただく。

いらしたお客さまは
圧倒的な強い個性があったり、
こだわりが強かった。

想定内だったけれど。


ご提案するもんぺと
違うバランスになっても

その場でお客さまが履きたいもんぺを探り、
かたちにする。
そんな実験室にも似たもんぺ製作所
はじめてよかった。

 

「できあがりが楽しみ。」

1型ずつパターンをひきながら
いただいた言葉の先をまた思う。

 

 


「lineaとむすひ」web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です