4.29のにわさんへ

 

4.29のにわさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
相方 ” について。
 
 
「たら、れば」を言い出したら
   きりがねぇよな
 
これは、あだち充先生作「H2」での名言。
 
 
受験生を相手にしておりますと、
毎年3月には笑う子もいれば泣く子もいて。
 
 
不合格だった人は
しばらく目の前が真っ暗だと思われます。
GWが過ぎたころから、
徐々に向き合える力が出てきて
学校生活をエンジョイし始めるようですが、
 
やっぱり「あの高校に受かってたら…」
ということは3年間考えてしまうようです。
 
 
clue zemiでは高2、高3になった生徒が
ふらりと戻ってきます。
 
 
中3で苦渋を舐めた彼らの表情は、
第一志望に受かった人たちと
だいぶ違うものでありまして。
 
次は負けない!
 
という闘志がメラメラ。
そして大学受験で、
大逆転を巻き起こすわけです。
 
 
「あそこで落ちてよかった!」
 
そう言えるのはずっと後だし、
そんなこと有り得ない!
と思うかもしれませんけども、
人間万事塞翁が馬。
 
 
たら、ればを考えるより、
とりあえずベストを尽くしましょう!
きっとおもしろいことになりますよ。
 
 
私も偏差値30だったから、
塾講師をやってます。
偏差値60くらいだったら、
きっとやってないだろうな、と。
苦渋を舐めたからこそ今がある。
そんなもんです。
 
 
にわさんの波乱万丈ぶりには
かないませんが。
まさかのお笑い!
そして兵庫県警のデカ!
日本一こわそう 笑
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です