4.29の赤木さんへ

 

 
 
もんぺを履くために、
ズボンを買うのを我慢しています。
 
 
おそらく年中履くと思うので、我慢です。
もしかすると老人になるまで、
もんぺ一本(もちろん複数買うけど)に
なるかも。
 
 
そのくらいの覚悟を持って、
赤木さんの受注会 in 仙台を
待ちわびています。
パンツ一丁になる前に、
よろしくお願いします。
 
 
その昔、生意気にも「あつらえもの」に
ハマった時期があり、
数々のあつらえものを仕立てましたが、
森高パイセンの予言したとおりに
ぽちゃぽちゃしてきて
「ザ たんすの肥やし」。
 
 
最近はジョブズライクに
同じ服を何枚も買い込み、
起業家風を装っていますが、
実際は物くさ太郎なだけ。
上下ジャージ、という末期症状に陥る前に、
なんとしても
もんぺをゲットしたいところです。
 
 
さて、最近の中高生をみていますと、
皆さん物欲がない!
1番欲しいものは
「iTunesカード」なんですと。
 
 
たしかにスマホでなんでも
完結しますものね。
それに、モノがないことが
「良い」とされる風潮でありまして。
 
 
完全に年寄りの冷や水になりますが、
なんらかの収集癖を
持っていた過去がある人ほど、
おもしろい仕事をしているような
気がします。
 
 
もちろん、仕事をする上で
ものが溢れているのは良くないし、
いい仕事をする人の周りは
スッキリしています。
 
 
でもこれって、
「収集」を経てのスッキリなんですよね。
ゴジャっとしたところから
本質的なところを選別してきた、
みたいな。
 
 
情報化社会になり、
本質だけを入手することが
容易になりました。
もちろん、塾講師の私は
なるべく最短ルートで理解させるのが仕事。
 
 
これを教えるのは簡単だけど、
やっぱり「格闘」を経ないと、
血肉にはなりません。
 
 
「効率的」って言葉を一回忘れて、
狂気(クレージー)な世界に
踏み入れて欲しいな。
と、切に願うわけです。
勉強にしろ、何にしろ。
 
 
経て、経て、経り続けて、
初めてグランドチャンピオンになれる。
 
 
ごっつええ感じのコントを思い出しました。
いいこと言うなぁ。
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です