5.7の秋津さんへ

 

5.7の秋津さんのコラムについて。

 

「うちの子、勉強に向かない性格で…」

と、ため息まじりに
おっしゃる親御さんは多いもの。

 

いや!僕に任せてください!
マジメな子にしてみせますからね!

と、東幹久先生のように
白い歯をみせながら
対応できればいいのだけれど、
残念ながらそうともいかず。

 

三つ子の魂百まで
とあるように、
フマジメな人を
マジメにさせるなんて魔法は
存在しないのであります。

 

では、フマジメな人は勉強を諦めるのか?
というと、そんなはずはなく、
フマジメにはフマジメなりの
戦い方があるのだと思います。

 

フマジメな人には
たくさんくすぐりどころがあるので
そこをコチョコチョしてあげればいい。

 

例えば、人気ものになりたい・
注目を集めたくてはしゃいでる輩。
これは、
彼が目立つステージを作ってあげれば
鼻息を荒くして問題に取り組みます。

 

あとはゲーム好きな人。
こちらには、時間制限と連打と
「クリヤー!」というかけ声があれば
一生懸命やってくれます。

 

なんだかんだでこの道20年。
スカウターのように、
ピピピッとくすぐりポイントが
見えちゃったりするのです。

 

あ、そういえば平成の名物として、
東幹久ってのもありますね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です