5.9の尾形さんへ

 

5.7の尾形さんのコラムについて。

 

勉強以外にも大事なことがある。
いや、どっちかっていうと、
そっちの方が大事じゃないか。

というスタンスで塾をやっていますが、
これは、

なんでもかんでも
白黒はっきりするわけじゃないのよ。

ってことを伝えたいがゆえ。

 

受験問題ばかり解いていると
物事には全て
正解と不正解があるんだと
思いがちになります。

 

どれが答えですか?
と言って年長者を困惑させる
新社会人が多い、
となんかの記事で見ましたが、
受験業界にいると

そりゃまぁ、そうだわね。

というのが感想。

 
 
年々受験対策の年齢が低くなってきて
正しいか、そうでないか
という判断だけをして大きくなると
当然、勉強以外のことに対しても
 
白黒はっきりするもんだ。
 
という価値観しか持ち得ないのでは。
 
 
ま、若年層に関わらず、
国会とかワイドショーを観てても
アレレ? と思うのが、
議論の意義を誰も考えていないこと。
 
 
肯定チームと否定チームに分かれて
終始、相手を潰すことだけを考えて、
発言を遮ったり、大声をあげたり。
 
 
そうではなくて、
よりよい解決策を
見つけましょうよ、と。
 
 
そういう意味で、
 
「とはいえ…」
 
と考えられる人は優れているな、
と感じるわけです。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です