5.13の稲葉さんへ

 
 
5.13の稲葉さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
社長のお話し ” について。
 
 
受験勉強とは長いトンネルである。
とにかく歯をくいしばり…
 
なんて風に捉えている人が
多いと思いますが、
ちょっと見方を変えると、
受験勉強自体がエンタメになります。
 
 
勉強する意義とは?
 
と受験生諸君に問いかければ

「点数を上げるため」
「第一志望に合格するため」

という答えがほとんどかもしれません。
 
 
しかし、これは全て「対自分」の観点で
「対自分」ということは
妥協しようと思えば自分のさじ加減ひとつ。
 
 
どうにも意思が弱くて…
という人はきっと勉強を
「対自分」で捉えているから。
 
 
そうではなく、

「相手あっての勉強」

と捉えると、急に妥協ができなくなります。
 
 
妥協すると相手に
つまんないやつだと思われますから。
これは死活問題だし、
勉強すればするほど
反応してくれる相手がいるってのは、
燃えます。
 
 
塾や学校の存在意義は、
ものを教えるってことより、
こういうコミュニティーをつくること
なのかもな〜と最近考えています。
 
 
クイズを出したり、
計算の速度を競い合ったり。
 
「あいつをびっくりさせてやろう」
 
そんな感じでワイワイやっていれば
苦労した覚えもないのに
いつの間にか成績が上がるという。
 
 
先日、
東大生たちとミーティングしてきたら
彼らもそんなことを言ってましたよ。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です