台北のステンシル文字 ー 山田和寛

柏祥號鐵皮刻字にて

 

先月は一回お休み&充電期間でした。
その間、一年ぶりに台北に行ってきました。
今回はフィールドワークという名の
食べ歩きが目的。

といいつつなんだかんだ
文字と本を見てきました。

 

特に面白かったのが、
ステンシル工房を訪ねたこと。

台北の街の看板は、
今ではデジタルフォントを
使用しているのが普通ですが、

お店のシャッターやトラックの荷台など、
至る所にアナログのステンシル文字を
見つけることが出来ます。

じつはこのステンシル文字をつくる名工が
台北の古い問屋街にいるのです。

 

御年76歳の林さんはこの土地で60年近く
鉄板にステンシル文字を穿っています。
僕らが訪ねてすぐ
日本からの観光客とわかると

どんな文字を書いて欲しいか聞かれました。

 

純粋に会いたいという思いで訪ねたので、
思いがけぬ僥倖にあわてて考え、
とっさに思いついた
「nipponia/東京高円寺」という屋号と住所の
プレートを作ってもらうことに。

 

簡単にレイアウトを指定して、
お金を支払うと、
「明日の昼くらいに取りに来て」と。

 

そんなに早くできるなんてラッキー!
と大喜びで翌日ウキウキで
受け取りに行きました。

そしてできたのが写真のものです。

 

いろいろとお話を伺っていると、
この土地の看板職人達は、
かつて大陸から渡ってきた移民の中でも

文字の巧みな人が
生活のために始めたものだそう。

 

50年ほど前の使い古された
楷書体の見本帖や

アルファベットの文字の作り方などを
レクチャーしてもらい

短くもなんとも幸せな時間を過ごしました。

 

日本はコモディティ化が進んで久しく、
東京もそのほかの地域も
似たような風景になってしまいましたが、

台北にはまだまだ街の余白が多くあります。
“街場”の生き生きとした文字を
体感できたいい旅でした。

 

「nipponia」web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です