5.22の藤さんへ

 

5.22の藤さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
『呪怨』ってご存知ですか? ” について。

 

いや〜私はこのジャケをみただけで
もうダメなんですが、
今回の書き込みをみて、
ますます怖くて観れません…。

 

でも、そのカツラのグレードアップ
っていうのが気になってしょうがない。
順繰りにみていけばわかるものでしょうか?
みてみたい。でも怖い。

 
 
今度ぜひひらめき筆者陣で
上映会でもいたしましょう!
(大人数に限る)
 
 
さて、今回いただいた書き込み。
「まさかハリウッドで〜」という部分が
いいなぁ、と。
 
 
塾を運営してますと、

「身の丈」という言葉に
とらわれすぎなんじゃないのー?

と思うことが多くありまして。
 
 
今、この成績だからこの学校。
そんなモノサシで
志望校を決める人が多いです。
 
 
ビリギャル、というのが流行りましたが、
実は得点を急激にあげることは、
そう難しいことではないし、
才能とかも必要ありません。
たぶんビリギャルさんも
同じことを言っていると思います。
 
 
問題は、やるかやらないか?
ということだけで。
 
 
学校の先生とか塾の先生とかは、
もちろん責任があるので、
いけるでしょ!
みたいなことは軽々しく言えませんが、
 
 
clue zemiは…いいかげんなので、

「いけます!」

なんてことを言っちゃいます。
 
 
でも、実際なんとかなるし、
やった本人も
 
「やってみたら意外とできた」

と。

 
 
バットは振らなきゃ当たらない。
とはよく言ったもので、
呪怨がハリウッドに行ったように、
皆さんも必死にやれば
きっとなんとかなります。
 
 
身の丈ってモノサシは捨ててみるのも一手。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です