6.3のにわさんへ

 

6.3のにわさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
今を生きる ” について。
 
 
「英語が苦手」「社会が苦手」
 
と、おっしゃる方が多いですが、
これはけっこう意識の問題だったりします。
 

「いいか! 勉強は積み重ねだ!」

と、小さいころから言われてるもので、

「ああ、そういうものなのかな」

と我々は思ってしまいます。
言い換えると、
勉強は「線」である、という考え。
 
 
しかしです。
屁理屈に聞こえるかもしれませんが、

中1の英単語が不十分だったから、
中2の英単語はできない。
 
という理屈はありません。
敵はただの記号。
順番なんて関係ありません。
 
 
出てきたものを覚えりゃいいだけなので
前回のテストは全く関係なし。
 
 
これは理科や社会だってそう。
前回のテスト範囲は「化学」
今回は「生物」
だとすると、
そこにほとんど関係性はないので
前回までの理解度に
引っ張られることはありません。
 
 
もちろん、ある程度「線」を
必要とする分野もありますが
(英文読解とか)、
「線」を「点」に分解することで
過去に引っ張られず、
得点を叩き出すことはできます。
 
 
もうすぐ定期テスト。
これまでの得意不得意の意識を
いったん外して、
学習範囲を「点」でみると
おもしろいと思いますよ。
 
 
先日、お初にお目にかかった
にわさん。
 
 
出会ってから15分くらいで、

「永井さん、靴貸してもらえますか」
「いいですよ」

という謎の関係に。
 
 
人間関係も時間の長短ではなく、
一気に深くなることもあるんですね。
点で考えることは
いろいろと応用できそうです。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です