6.8の秋津さんへ

 

6.8の秋津さんのコラムについて。

 

受験においてけっこう重要な要素が
「場」です。

 
おそらく、
テキストの質、講師の説明能力以上に
大事な要素。
 
 
特に中高生なんてのは、その場の雰囲気に
流されてやすいわけでありますが、

「流されるな!」

と叱るよりかは、

流れそのものを作っちゃったほうが
お互いラク&効果的かと思います。
 
 
塾、予備校の「場」も
それぞれでありますが、
clue zemi が大事にしてるのは
 
「細かいことを言わない」
「大口を叩ける」
 
の2点です。
 
「細かいことは言わない」
は、細かいことを気にすると
点数が伸びないからです。
 
 
もちろん細かいことは大事なんですが、
5点、10点を狙いすぎて、
神経質になりすぎ
→負のスパイラルに陥る人をみているし、
 
 
中高生が大人のなにが嫌かって、
「イチイチ細かいこと」
それで勉強が嫌いになられちゃ大変なので。
 
 
もう一つ、「大口を叩ける」は
「ワンピース方式」とも言い換えられます。
なんの実績もないうちから、
 
海賊王に俺はなる!
 
といってると、いつに間にか
それに近づいていくように、
志望校もそう。
 
 
そういう発言を大人が否定しないことです。
前例だとか、一般的にとか、
そういう言葉はだいたい
ネガティブな文脈で使われます。
 
 
そうではなく、
 
「おう!やってみろ!」
 
と受け入れることが大事かと思います。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です