6.21の土屋さんへ

 

6.21の土屋さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
しおりいろいろ ” について。

 

ナツイチといえば、内田有紀先生!

という世代です。
(写真右下の方に発見し、感涙)

 

ちょうど今日、
とある博物館に行ってきまして。

「弥生時代の暮らし」

というコーナーに
女性のマネキンがありました。

 

なるほど〜、
こういう暮らしをしていたのか。

と思ったけれども、これは当然
映像や文書として残っているはずがなく、
研究者が、ひとつひとつ
断片を積み上げて作ったものです。

 

おそらく、「想像」というものも
多分に含まれていて、
今なお、仮説→検証を
繰り返しているのでしょう。

 

勉強のアプローチとして

とにかく覚える!

という人と

仮説→検証をする人がいます。

 

前者は単純な作業なので、
スススっと成績が上がるのですが、
いかんせん、脳みそには限界があり、
頭打ちになります。

 

後者は、とってもめんどくさいのですが、
歯を食いしばって繰り返していると、
「嗅覚」が身につきます。

 

嗅覚というのは、

「あぁ、これっぽいな」

とアタリをつけられる能力。

 

もちろん勉強をしながらでもいいですが、
生活の中でも、人間観察とか、
映画のセリフを予測してみるとか、
古本のしおりから
持ち主を想像してみるとか。

 

そういうのを繰り返してみれば、
いつか勉強の役にもたつようになる。

と思うのです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です