6.28山田和寛さんへのアンサー

 

 
 
なんと、東北芸工大にお越しとは!
わたくし、下手をすると週一ペースで
そのあたりを徘徊しています。
(温泉に入りに)
 
 
さすがに大学の宿舎にまで
温泉完備とは知りませんでしたが…。
 
 
仙台で活躍するデザイナーさんは、
この学校出身の方がとても多く、
皆さんレベルの高い仕事を
しておられます。
 
 
山の中にあるにも関わらず、
教授・講師陣も
そうそうたるメンバーらしく、
全国的にも有名な学校なんだとか。
 
 
そこに招聘されるとは。
そして、あまりにもおもしろそうな授業。
さすがです。山田さん。
 
 
山田さんの書き込みにある、

「ルールの例外にどう対応するか」

というのは受験勉強にも大事です。
 
 
定期テストはできるけど、
模試になると…
という方は大勢います。
 
 
模試や本番では変化球が
織り交ぜられてくるので、
柔軟な発想が必要。
 
 
これは場数を踏みながら
覚えていって欲しいのですが、
その一方で、基礎を疎かにする人もいます。
変化球ばかり練習をする人。
 
 
しかし、

「変化球だけは打てる」

という人はいないように、
直球、つまり基礎あっての応用です。
 
 
このあたりを
うまく行ったり来たりできる人が
受験でもうまくいくんじゃないかな、
と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です