7.4の赤木さんへ

 

 
 
アナウンサーにしか見えませんよ!

と思わず言ってしまいそうになる
ステキな赤木さん。
テンパっているようには
全然みえません。
 
 
そんな赤木さんから、
先日オーダーしていたもんぺが到着。
なんと履き心地がいいこと!
 
 
街歩きもできるスタイリッシュさながら、
まず思ったのは
 
「パジャマにしたい!」
 
そのくらい履き心地が良く、
追加発注する日は
そう遠くなさそうです。
 
 
嬉しすぎてにやけすぎている様子を
スタッフに撮ってもらい、
早速赤木さんにお送り致しました。
 
 
 
 
パタンナーとして、
ファッション業界の最前線で
バリバリ仕事をされていた赤木さんが、
もんぺを作る。
 
 
温故知新という言葉がありますが、
どうも最近、
周りのすごい人たちをみると、
これがキーワードなような気がします。
 
 
若い時分は、

新しい=イケている

伝統=ダサい

という判断をしがち。

今、教えてる子たちももちろんそう。
特に古文や歴史なんか、

「意味あるんですか」

という声のオンパレードで。
 
 
しかし、人間熟してくると、
伝統というものに
どれほどの叡智が含まれてるか、
その底なしさに身震いするようになります。
(私はまだ入り口に立ったばかりですが)
彼らが将来身震いするための手がかりとして
やっぱり古文や歴史は
役に立つと思うのです。
 
 
そんなことはこれっぽっちも
想像しない彼らに重要性を説くのは
なかなか骨が折れますが、
やりがいを感じる部分であります。
 
 
というわけで、
ゲットしたもんぺを履きつつ、
説得力を持って授業をできればいいな、
と思うわけです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です