美意識 ー 上間美絵

 

ある日、口をついて出た

「最適解を常にさがしています」

と。

 

お客様へ爪の仕上がりについて
話していたつもりだったけど、
日常もその気があるなと思い始めている。

 

イレギュラーな波に弱いと
分かっているので
できる準備は早めにしたい派、
最善を目指すと
オーバーヒートしがちなため
最適なラインを模索します。

 

何をもって最適かは時と場合によるけれど
「美しい」ということが
いつも脳内を喜ばせるので、
そこが要らしい。

 

美しい色、美しい形、
美しい余白があると私はとても嬉しい。

 

流行りものをながめて心が動かないときに
美しくないからいらないな〜と
よく思います。

 

その判断が少し偏っているよ、

と人に言われ
美しいと感じる方を選ぶことで
自分の居場所を広げてきた質なので
驚きました。

 

そうなると、

今度は「美しい」とは何なのさ!

天邪鬼な脳内がささやく。
終わりなき最適解スパイラル。

 

美しいと感じることは
人間の脳が進化により
獲得した高次な感覚

と、脳科学者の本の一節に見つけて
その解を得ました。

 

動物でもなく植物でもない
人間だからこその感覚とわかれば、
それだけで人として
生きる面白さがあるってもんだ、

と。

 

迷ったときは美しいと感じる方を、
今のところの私の最適解です。

 


「hokuri」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です