7.13のいたしおりさんへ


 
 
 
夏休みどっか行くの?
 
と聞くと、やはり、
おじいちゃん、おばあちゃん家
という回答が多いです。
 
 
みなさん毎年楽しみにしているようで、
そこがいかに楽しいか、ということを
熱弁してくれます。
海に入る、カブトムシを採る、
土いじりなどなど。
 
 
その地域の人たちにしてみれば、
なんでもないことなんだけれど、
仙台の都心に住むみなさんにとっては
特別なこと。
 
 
一方で、その地域の若者たちは、
高速バスに乗って仙台を目指します。
買い物やスウィーツなど、
住んでいる人間にとっては
なんでもないことなんだけれども。
 
 
旅行のいいところは、
いろいろな価値観に
触れられることだと思います。
価値観や生活様式の違いは
普段の学校生活ではわかりません。
 
 
勉強でも大事なのが、
ものごとを多面的にみる
ってことなのですが、旅行によく行く子は、
発想力や飲み込みが
比較的優れている気がします。
 
 
そんなわけで、clue zemi
「夏休みは遊びましょうキャンペーン」
を毎年しております。
 
 
塾なんかいいから存分に遊んでくれ、と。
近年それが浸透してきたのか、
夏休み期間中は閑古鳥が…。
 
 
いいのか、悪いのか。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です