『呪怨』最終章 ー 藤 貴子

 

毎日、雨がよく降りますね。
こんな時は ” 木かげ ” で雨宿りしながら、
ゆっくりと過ごすのもいいですね!

 

さて、またしても
『呪怨』の話の続きですが、
もう少しお付き合いください。

 

ハリウッド版の『THE JUON』が
ヒットしていた頃、丁度友人達と
旅行の計画を立てていたんですが

「映画の本場、ハリウッドで
 『THE JUON』を見るのはどうだろう?」

と素敵な提案をしてくれた人がいました。
この「メゾン木かげ」を紹介してくれた
「2足のわらじーズ」の長谷川純子さんこと
私がストーカーと化すほど
大好きな純ちゃんです。
そりゃもう

「さすが純ちゃん!」

と飛びつきましたね。

 

スケジュールの都合で
レイトショーを観ることになって、
公開から大分経っていたこともあり
お客様はまばらでしたが、
海外でも観て下さる人が
本当にいるんだと実感でき、
その上大好きな友人達と一緒なんて、
とてもとても貴重な体験になりました!

 

その後『THE JUON 2』も製作され、
私も国内外の素敵な俳優さんや
スタッフさんとの出会いに
沢山の刺激を受けました。

 

中でも『フラッシュダンス』の
ジェニファー・ビールスさんに
ご挨拶する時はあまりの感動に
緊張しまくり、
ただでさえ下手くそな英語が
さらにとっ散らかってしまう、
なんてこともありました。

 

三作目は残念ながらビデオ販売のみ、
しかも清水崇さんが
監督ではなかったのもあり、出演を辞退。
ただ、辞退した理由はそれだけでは
ありませんでした。
その時、私は男の子を
出産したばかりだったんです。

 

その子も今では中学生。
あれから12年が経ちましたが、
ガラリと変わった生活の中でもまた、
いろんな興味深い経験を
してきたように思います。

 

次回からは息子のことなど、
お話ししていけたらと思います!

 

 


藤 貴子Twitter」

 


2019年07月24日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 俳優・声優 藤 貴子 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA