8.9のはしもとさんへ

 

8.9のはしもとさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
壁をのぼるには ” について。

 

歳を重ねるにつれ、

「あー、あの時頑張っておけばよかった」

というのは山ほどあっても、

「あー、頑張って損した」

というものがゼロであることの気づきます。

 

しかし自分もそうでしたが、
やっぱり学生のときなんかは、
となりのクラスより
ちょっとでも宿題が多いと
なんだか損した気分になったもんで。

 

そんな人たちと毎日対峙しているので、
あの手この手で
問題をたくさんこなしてもらうよう
日々頭を振り絞っております。

 

「勉強には日々の鍛錬が必要である」

というのは耳にオクトパスで
ありましょうが、
それ以外のことにも鍛錬が必要です。

 

世の中のことを、
「鍛錬が必要なもの」と
「鍛錬をあまり必要としないもの」
に分けてみると、
実は受験勉強なんてのは後者で。

 

それよりもなによりも、
発想だったり、人付き合いだったり
っていうのは比べものにならないくらい
鍛錬が必要なものなのですが、
いかんせん、
その重要性が明らかになるのは
受験の10年後、20年後の話。

 

最近は「遊びはムダ」という考え方が
とても強くなっているように感じます。
clue zemiに通う
進学校のみなさんなんてのは、
夏休みもほぼ学校。
学校以外、どこにも行けないんですと。

 

うーん。
それが本当に正しいのかどうか。
わたしには疑問。

遊び尽くさないと損しますよ!

とはハッパをかけているのですが。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です