8.15の青羊(けもの)さんへ

 

8.15の青羊さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
会いに行く旅に ” について。

 

盛岡という星で」は
もう毎日チェックしています。

 

盛岡愛に満ちた私のインスタに
突如表示され、

なんじゃこりゃー!

とそれはなんとも絶妙な温度感で。
青羊さんの書き込みにその名前が出てきて
思わずにやけてしまいました。

 

アーティスト同士の出会いって
こういうものなのか。
かっこいいな…と思いつつ、
「出会い」について考えてみました。

 

特に仕事上でよく思うのですが、
出会いは自分次第。
そんな気がします。

 

奮闘しているときは
アンテナをビンビンに張っているので
いわゆる「すげえ人」が
光って見えまして。

 

こっちにもいる! あ、あっちにも!

みたいな感じ。

 

でも奮闘してないときは、全然光らない。
これは出会うべき人が「いない」のではなく
「気づいてない」ということ。

 

勉強も同様に同じ授業、
同じテキストでも
本人のアンテナの張り方によって
結果は全く違ってきます。

 

どこの塾を選ぶか、
どの方法をとるか、っていうのも
当然大事な要素でありますけれども、
まずはやるべきことに
エネルギーを集中させる。

 

まぁ、これが1番難しいわけでありますが、
できるようになると、
今持っている教科書が
黄金の光を放ち始めます。

 

「お前が出会うべき(覚えるべき)ものは
    ここにある」

と言わんばかりに。

 

そうなるように頑張ってください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です