外国人からの憧れ ー 尾形弓子

 

こんにちは。
川崎市を中心に活動しております
ヘナ&ヨガインストラクターyumikoです。

 

 

オリンピックまであと少しだからか?
はたまたその前段階の
「おもてなし計画」からか、
東京そして神奈川には日増しに
外国人の方々の数が増えています。

 

日本を好きになってくれて、
日本の文化に憧れてくれるのは
とっても嬉しい事です。

 

私達日本人も外国への憧れがあり、
いろんな真似をしたがります。
クリスマスだったりバレンタインだったり…
そして間違った解釈で
それを捉えていたりも。

 

海外の方のお気に入りは、
漢字で文字が書かれた Tシャツだったり、
タトゥーだったり。

 

笑っちゃったのは、
腕に「給食当番」のタトゥー、
他には「爆太豚娘」と書かれた Tシャツ。

誰か教えてあげてー。

 

終戦記念日を目前にした晩、
電車の中にドレッドヘアで浴衣を着た
ファンキーな海外の方がいました。

その方の額には、
日の丸に「神風特攻」と書かれた
ハチマキが巻かれていました。

私は胸が苦しく、
電車の中で少し息が出来ませんでした。

 

恐らくその方も、先の給食当番の方と同様、
特に何の思い入れや感情もなく、
ただ見た目のかっこよさでしていたのではと
思ったりもします。

 

ただ、とても大切な事、
知っていなければいけない事実、
歴史が伝わっていないという事。

戦争を経験された方々が
どんどん少なくなるこれからの時代は、
私達経験していない者が
その責任を負います。

 

私はあの電車の中で、
何をするべきだったのでしょう。
答えが出ずにいますが、夏の日だけでも、

平和にしっかり向き合いたいなと、
そう思ったのです。

 

 

yumiko_ogata instagram

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です