8.21の上間さんへ

 

8.21の上間さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
肝心かなめ ” について。
 
 
手を動かすことを好んでやってほしい。
 
というのが塾講師としての
私の願いです。
 
 
数学の学習時に

「計算を面倒くさがるな!」

というのはもちろんのこと、
社会なども汚くてもいいので
関係性を書きながら勉強すると
理解度が違います。
 
 
私もそうだったのですが、

なんかペンを動かすのはクールじゃない、
読むだけで理解できたほうが
カッコいいっしょ!

なんてやってたことがあります。
 
 
が、結局のところ理解するまで
何度も何度も読まなきゃいけないので、
結果、全然クールではない。
 
 
勉強をさっさと済ませたいなら、
紙とペンをお忘れなく。
そして、「手を動かす」というのは
ペンを走らせるだけではありません。
しゃべるとき、作文を書くときも
身振り手振りを加えるべき。
 
 
日本人は直立不動で会話をする一方、
海外の方々はどうでしょう。
マラドーナに代表されるように
とにかく全身で言いたいことを表します。
 
 
マラドーナで分かりにくい場合は
チェケラッチョな人々(ラッパー)を
想像してください。
彼らは体を動かしながら歌っています。
 
 
興味がない人にとっては、

「なんと落ち着きのない!」

と思われるだけかもしれませんが、
彼らが動いているのは、発想したり、
考えをまとめたりするため。
言葉を紡ぐため、とも言えます。
 
 
つまり、ラッパーが手を動かしているのも、
ジョブズがやってるのも、
目的は同じなのです!
(そうでない場合もありますが)
 
 
どういう原理かは知りませんが、
実際、手を動かしてみると
脳みそが活性化し、
暗記ものも、思考もスムーズに進みます。
 
 
ぜひぜひ、一度試してみてださい。
私はよくコーヒーショップでもやっていて
よく白い目でみられますが、
もう慣れました。慣れれば勝ちです。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です