8.21のヤマグチさんへ

 

8.21のヤマグチさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
作って、届ける ” について。

 
 
織田信長をロン毛にする。
伊藤博文に鼻毛を書く。
 
などという行為は先生から
お叱りを受けるものでありますが、
個人的には一概に「悪」とも
言えないんじゃないかと思っていて。
 
 
あくまで肌感覚ですが、
まじめに教科書を読んでいる人より、
なんとか笑いをとろうと、
織田信長を凝視して
イメージを膨らませている人のほうが
大逆転の可能性が高い気がします。
 
 
「立派」と「ウケる」は
どちらも賞賛という点では同じですが、
その中身はけっこう違うものかも。
 
 
立派な経歴ですね。
ではお仕事をお願いします。
 
と依頼されると
(当然そんなことは皆無に等しいが)

ミスはいけない、
今現在自分の今持っている力、
知識で対応しよう、

という意識が働き、
結果、過不足なく
予定通りのものができあがる。

 
 
一方で、

おまえウケるから仕事頼むわ!

 
的な感じで依頼されると、
もはや相手が期待する
レベルもわからないし、
そもそも何をしていいかも謎なので、
一生懸命勉強しながらコトを進めます。
 
 
すると、終わった頃には前者に比べて
始めた頃には想像もつかないほど
格段の成長を果たすわけで。
 
 
勉強も同様に、
「ウケよう」と思って学習すると
大逆転が待っています。
 
 
私自身、

「おれが大学受かったらウケるべな」


なんてところから勉強を始め、
無事合格したらやっぱりウケた。
それで今、こんな仕事をしています。
 
 
どんな形でもいいから、
人に「ウケよう」という気持ちは忘れずに。
 
 
誰に頼まれるわけでもなく、
期待されるでもなく、
なにかを必死にやっていると、
いつかとんでもない結果が待っている。
 
そんな気がします。
 
 
「ウケよう」と思って
仕事をしていた方々が
ああいう事件に巻き込まれると…
やるせないですね。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です