可愛い我が子は… ー 藤 貴子

 

まだまだ暑い日が続きますね。
” 木かげ ” を追い求めながら歩く日々です。
あ〜暑い…。

 

始まった頃は長いと思っていた夏休みも、
あっという間に過ぎてしまうもので、
残り一週間を切ると、
子供達は、焦りながら夏休みの宿題を
片付け始めたりして。
私も昔はそんな子供達の一人でした。
いえ、ごめんなさい、ウソです、
今でもギリギリにならないと
やらないタイプです!

 

ところがですよ、
そんな私のグダグダ加減とは大違いで、
我が家の中学一年生の息子は、
今年も夏休みの宿題を
余裕で終わらせました !!!

 

毎朝6時に起きてプリントをやり
(学校がある時より早起き)、
夜お風呂からあがると日記を書き、
家庭科の宿題をチクチクと縫い…
偉い、偉すぎる!

 

息子は小さな頃から時間に正確で、
決まり事を守るのが大好きでした。
ただし、5分でも寝坊したり、
予定が変更になったりすると大パニック!
なだめるのが大変。
それ以外にもアレ? と思うことが
いくつかありました。

 

そもそもの始まりは1歳半の頃、
ちょっとずつ単語(ママやブーブーなど)を
しゃべるようになってきていたのが
突然まったく言葉を発さなくなり、
顔から笑顔が消えました。

 

訳がわからず、1歳半の健診時の
先生に言われるがままに行った相談室。
もらった冊子には
「発達障がい」や「自閉症」の文字が。
そこで初めて、
息子の身に起きていることが何なのか、
ぼんやりとですが分かりました。

 

とても驚いたし、とてもショックで
混乱する気持ちを落ち着かせるために
「発達障がい」に関する本を
片っ端から読み漁ると、
まぁ見事に当てはまる事だらけ!

 

ただ、それとは逆に現実味がなく、
ノホホンとしていたのも事実なんです。

「まだ赤ちゃんだし、
    そのうち何とかなるんじゃな〜い?」

と。
しかしながら、
だんだんと現実が押し寄せてきたのです。

 

次回は一番大変だった2歳頃のことから、
お話していけたらなあと思います!

 


「藤 貴子Twitter」

 


2019年09月03日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 俳優・声優 藤 貴子 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です