9.7の真子さんへ

 

9.7の真子さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
言語で変わる世界 ” について。
 
 
20世紀前半の絵画といわれ、
全く思い浮かばず、
 
これは講師として
あるまじきことではないか!
 
と冷や汗をかきながら、
こっそり教科書を開いてみました。
 
 
すると、その期間はポッカリと
芸術に関する情報はほぼなく。
 
よかった。勉強不足じゃなかった。
 
と安堵する一方で、
こりゃとんでもない時代だな、と。
 
 
日清・日露戦争に始まり終戦まで、
もうとにかく政治の話一色で。
芸術に取り組む余地はなかったんだろうな、
ということが感じられます。
 
 
だから余計に、
この展示会の意図が気になって。

「ファシズム下の芸術展」

とかかなぁ。開催地がイタリアだけに。
 
 
うーん。行きたい。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です