いい大人 ー 上間美絵

 

時は中3、
高校受験に向けて塾に通っていました。

 

ダイエーの隣にあった塾(in仙台)
脳内で過去が圧縮されて
それぐらいしか情報が出てこないのだけど
明確に記憶にきざまれている人がいます。

 

「キエコ先生」

常勤だったのかアルバイトだったのか
何歳だったのか知ろうともせず、
そんな事より
キエコ先生と話していると
面白くて嬉しくて

大人になるっていいのかも!

思わせてくれた存在です。

 

受験を待たずに
塾を辞めてしまった先生から
私立受験、公立受験、合格発表後
幾度となく手紙が届きました。
イラストを交えた
まとめのプリントの時もあったような記憶。

 

 

大人と会話をする時
二重に言葉が降ってくる時があって、
透けてみえる本音を探る
思春期を過ごしていました。

 

それが自己防衛になると思って。
不必要に自分に関心が向くのを
避けたかったんだな、おそらく。
まだ何も大人と闘う術が
みつかっていなかったから。

 

キエコ先生は私を子どもと扱わず
闘わなくていいんだよ、
ただ仲良くなろうと
本音と建前なしで会話をしてくれた
数少ない大人だったのでしょう。

 

ストレスフリーなキエコ先生の言葉は
思春期の私にだいぶ効きました。
お手紙、後生大事にしています。

 

キエコ先生の事を思い出すと
今はなんだか永井くんの顔も浮かびます。
言葉を連ねて、
明日への備えを見せてくれる大人は
きっとみんなの記憶に残る人だと思うから。

 

高羽編集長からお声がけいただき、
中学の同級生とのこんな再会が
わが人生に用意されているとは!

とつながりの面白さを体感できた
1年半でした。
永井くんのリップサービスにより、
過去の自分もアップデートされ恐縮です。

 

いろんな大人の試行錯誤を読める
このclue zemiのWeb、
キエコ先生何人分だろうかと
換算したいぐらい
私にとって有意義な場所となりました。

 

これからは読み手として
参加していこうと思います。
1年半おじゃましました!

 


「hokuri」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です