アナログなブーム ー ヤマグチマコト

 

最近、自分の中で
突然のアナログ音楽ブームが到来中。

 

いわゆるレコードやカセットテープです。

 

レコード自体は、
昔から少しずつ集めていましたが、
改めてカセットテープに目覚めたのは
ごく最近のこと。
ただ、自分たちが小中学生の頃は
音楽を楽しむといったらコレでした。

 

当時、レコードやCDは
金額的なハードルが高かったので、
録音用のカセットテープを買い、
テレビやラジオから
流れる音楽を録音したり、
レンタルショップや人から借りては
ダビングして聞きまくっていました。

 

(あ、ダビングっていうのは、 
   音源から複製することで、
   簡単にいうとコピペみたいな)

 

それこそ何度も
同じテープに上書き録音するので、
最終的にひどい音質になることも。

 

音楽を楽しむことが、
今よりも少しだけ
能動的であった時代かもしれません。

 

現在、我が家には
レコードプレイヤーと
カセットデッキが並んで置かれています。

 

特にカセットデッキは、
都内でも希少なカセットテープ専門店にて、
衝動買いした一台。
しかも自分と同い年のビンテージものです。

 

実は現在カセットデッキの
生産自体ほぼ行われておらず、
しっかりとしたプレイヤーで聞きたい場合、
こういったデッドストックを
当たるしかないそうです。

 

ただ海外ではカセットテープの需要が
徐々に増えてきているようで、
またいずれ普通に店頭に並ぶ時代が
戻ってくるかもしれませんね。

 

サブスクリプションや
ダウンロードで音楽を聞く時代に、
懐古趣味と言われても否定はできませんが、
プレイヤーの中で
ゆっくりと回転しているテープや
レコードの動きを感じ、
そこから発する
豊かな音に身を委ねる贅沢は
いつの時代も普遍的なものであって欲しい

と、1人のオジサンは思うのでした。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です