9.25のyuriさんへ

 

9.25のyuriさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
雲のなか、頭のなか ”  について。

 

メリハリをつけろ!

なんてことを学校で習いますが、
見方によってはこれ、
あんまり良くないことだと
思っておりまして。

 

勉強で言いますと、

机に向かっているときがon、
そうでないときがoff。

という分け方でしょうか。

 

で、offの時間が長いと
怒られるわけで、

 

なかなか机に向かわないんです!

と鬼のような形相の
お母さま方と面談することも
しばしばでございます…。

 

とはいっても、

机に向かう気があれば苦労はしないよ。

というのが受験生の本音か。

 

そこで提唱したいのが、

「なんとなくon」

というギア。
offでもないけど、完全にonでもない。
真ん中よりちょこっとonよりの姿勢。

 

例えば

・ゲームをしながら数学の問題を考える。
・テレビを見ながら読めない漢字を調べる。

とか。

 

もちろんonの時間は必要だけど、
この「なんとなくon」の状態があれば
ただoffにしているより
勉強の絶対量は増えます。

 

しかも、勉強のきっかけが
教科書以外のものであるので、
そこで思いも寄らぬ糸口が見つかったり。
居酒屋で人としゃべってると
アイデアが思いつく、
というアレと同じ原理。

 

いくら言葉や時間でon offを
区切ったとしても、
結局は自分は自分なので、
グレーゾーンというか、
ニュートラルな範囲は
大事にした方がいいと思います。

 

メリハリの延長線上に

「今の自分」「本当の自分」

という考え方がありまして。

何かがきっかけで
新しい、
本当の自分になれるタイミングが来ると。
いやぁ、
そんなことあるわけないでしょ。

 

何事も現状でできることを
じわじわやっていく以外ありません。
大事なのは「じわじわ」です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です