VO(ヴイオー) ー 青羊(けもの)

 

テレビを捨ててから、
テレビの代わりラジオを側に置いている。

 

家に帰ってきて、あるいは朝起きてすぐ、
アナログかスマホのラジオのスイッチを
オンにするのが習慣になった。
なんとなく落ち着くのでつけてしまう。

 

ここ1ヶ月、耳から情報を仕入れることが
より多くなった。

 

それは、ラジオの朗読が面白くて
ハマってしまったことや、
ウェブの記事を
VOICE OVER(読み上げ機能)で聞くことを
覚えたことが原因だ。

 

読みたいテキストを選択すると、
「コピー」などと並んで
「読み上げ」というボタンが自動表示され、
「読み上げ」を押すと
音声で再生してくれる。
最近、目の裏っかわが痛くて
画面を見るのが辛かったから、
耳から読めてとても助かった。

 

iPhoneのSiriの声質が柔らかくって
結構気に入っていて、
話しかけたり、
モーニングコールを頼むことがよくある。
調べてみたら、iPhoneの機能の
VOICE OVERの声も彼女の声だった。

 

VOICE OVER機能での
萌えポイントがあって、
それは、たまに読み間違いをすること。
いちばんのお気に入り読み間違いは
「魚座って」を「さかなすわって」と
読んでくれたことだ。
魚が座るなんてまず思いつかない。
コレは歌詞に入れたら面白そうだと
心のコトバボックスに貯金した。

 

私のやりたいことリストに

「アンビエントみたいな朗読」

があるのだけれど、
Siriが結構いい仕事をしているので、
どうしようかなと思い、
全盲の知り合いに
「朗読」の需要があるのか聞いてみた。

 

やはりVOICE OVERのような
読み上げ機能が今は進んでいるらしい。
また、
「朗読ボランティア」という存在のこと、
加え、官能小説を読む
「朗読ボランティア」があることを知った。

 

音による知らない世界が
まだあることに嬉しくなった。

 


「けもの」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です