永遠のヒーロー  ー 土屋裕一

 

イラストレーターの和田誠さんが
お亡くなりになりました。

 

さびしいです。

 

『週刊文春』の表紙絵は、
僕たちの生活にあった
和田誠さんのお仕事の一つです。

(最近ではテレビ番組
  『サワコの朝』の題字なども)

 

週刊誌の表紙と言えば文字や写真で
派手に飾られるイメージですが、

『週刊文春』は基本的に
和田さんのイラストのみ。

それだけで、魅せて、読ませる力があり、
激しい世界の情勢や、
心がざわつくようなニュースでさえも、

和田さんの “パッケージ” が
やわらかく包み込んでいます。

 

我が家の本棚にあった
和田さんの本をめくってみます。

 

 

ほっこりしますね。

 

学生時代にグラフィックデザインを学び、
ご自身で監督を務めるほど映画に精通し、
かっこいいものや
ほんものにたくさん触れてきた和田さん。

 

ほっこりの裏に潜む
確かな “ 本物性 ” と言うのか、

シンプルに込められた “ 想い ” と言うのか。
今になってあらためて
感じ入ることがあります。

 

残念で、さびしい思いに
変わりはありませんが、

こうして残された作品に触れられることは
とてもとても幸せなことですね。

 

長年のご活躍に感謝と敬意を込めて、
これからもしっかり
楽しませていただきます。

 


「本屋写真館」web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です