10.16の柴さんへ

 

10.16の柴さんのコラムについて。

 

仙台では肌寒い日が続き、
いよいよ受験が迫ってきたなと
実感しています。

 

多くの受験生が、
まだやるべきことが山積み、
という状況だと思われますが、
残り3ヶ月。慌てたら負けです。

 

なかなかセンセーショナルな
塾や予備校のチラシをみると

あの講座も取らなきゃ、こっちも!
あ! 志望校対策も!

という感じで、
授業を詰め込みまくる人たちがいます。

 

しかし、こういう人たちに限って
基礎がなってない。
基礎ができてないと、
当然応用問題をやったところで
なにも身につきません。

 
だから基礎をやれ、というのですが、
この時期にそんなことをやっていたら
間に合わない。
 
本番は全部応用問題だ!
 
なんてことを言ってきます。
 
 
確かに一理ありますが、
応用は基礎の延長にある、
ということをお忘れではないか?
 
基礎=簡単 ではありません。
基礎=本質 です。
 
 
そして、本質を捉えれば、
自在にそれを操れるようになります。
それが「応用問題を解く」
ということ。
 
 
難しい問題をいくら解いても、
成績は伸びません。
 
 
手前味噌ですが、
clue zemiの生徒が
受験に強い理由はここにあります。
 
 
最近は、
 
おい、授業だぞ。問題解くぞ。
 
と言っても、
 
いやです。
 
と、黙々と基礎的な問題を解いている。
 
 
生意気な!
 
って思うけど、
そう教えたのは私かしら…。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です