10.19の佐藤さんへ

 

10.19の佐藤さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
意識 ” について。
 
 
おい。紙に書け。
 
ということを
口酸っぱく生徒に伝えています。
 
 
勉強してんのに成績が伸びないんですよ、
という人の特徴に
 
えんぴつを動かさない
 
というものがあります。
 
 
ウンウン唸って、
なんだか頑張ってそうなんだけど、
腕組みしているだけで、
えんぴつは持ってない。
 
 
えんぴつを持て!

というと、
身体で覚えろ!的な要素だけを
考えがちですが、
(例えば漢字書きとり百回)

それ以上に大事なことがあります。
 
 
一回書き出してみることで
得られる効用は3つ。
 
・整理できること
・意識的になれること
・客観的になれること
 
とある問題に出くわして
難しいな、覚えられないな、
と思ったとき、
その原因はだいたい「複雑だから」です。
 
 
ごちゃごちゃにこんがらがって、
なにを見るべきかがわからない。
でもそれを一旦書き出してみると、
 
「あら!そんなこと!」
 
という程度の問題だったりします。
 
 
問題をサクサク解く人は、
頭がいいっていうより、
情報を客観的に
整理できているからだと思いますよ。
 
 
さて、最近特にポッコリしてきた
自分のお腹周り問題に、
同じように原因を書き出すべきなのは
わかっていながら、
なかなか現実を受け入れられず、
頑に書き出しを拒んでいるのは私です。
 
 
佐藤さん、ぜひアドバイスを(泣)
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です