ポジティブ・スパイラル! ー 浅野理生

 

みなさんは、
「ことば」に気をつけていますか?

 

わたしは言葉には力があると思っていて、
「言霊」を信じています。
言霊とは文字通り言葉に内在する力。
日頃できるだけポジティブな言葉を
発するように気を付けています。

 

独立当初、商品をある百貨店で
お取り扱い頂きたい! と思い、
願いを外へ向けて
大きな声で発したところ、
15分後にその百貨店のバイヤーさんから
電話があり、お取引が始まったのは
うそのような本当のはなし。
それから願いはいつも大きな声で元気よく、
真剣に声に出すようにしています。

 

ポジティブな言葉を使っていると
次第にポジティブ・スパイラルが起こり、
うれしいことや素敵な出会いが
広がっていくのを実感します。

 

そんなふうに言葉は、
人とのかかわりあいの中で
とても大切なコミュニケーション・ツール。

 

でも時に、あえて言葉を使わないことで、
より強くメッセージが
伝わることもあるようです。

 

言葉という存在を消して、
絵で物語る素敵な絵本に出会いました。
ガブリエル・バンサンが描く
「アンジュール」。

 

 

 

一匹の犬が飼い主に車から投げ出される
悲しいシーンから始まるこの物語は
一切文字が有りません。
白黒のデッサン画に著者の熱、
のようなものを感じます。

 

一本の鉛筆から生まれる心に残る物語。
秋の夜長に
手に取っていただきたい一冊です。

 

どうかどうか、
「みなさまの夢が叶いますように!」

 


wagashi asobi」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です