小さな奇跡 ー 長谷川純子

 

10月に私がやっております
エステサロン『Heilen』が
東京都の新橋から表参道へと
引越ししました。

 

引越し作業って、
予想しない色々な事が起こりますよねぇ。

そんなバタバタの引越し作業の中で、
思わず『おぉ!』と思うような
小さな奇跡もありました。

 

私、自他共に認める
ツキを持ってます&ポジティブ。
その為、人が聞いたら
びっくりするようなことがよく起きます。

 

それに加えてポジティブなので、
嫌な事や大変な事が起きても 

「この後、いい事が起こるんだろうな」

とも思うわけです。
嫌な事が大きければ、
大きいほど期待も高まる。

 

で、今回の引越しでの小さな奇跡。
それは、ドラム式洗濯機で起きました。

 

3年前に新橋のビルへ洗濯機を搬入する際、
一階の入り口にあるガラス戸を外して
ようやく入れる事ができました。

扉を外さないと
1センチぐらい足りないのです。

 

で、今回、出ていく訳ですから、
同じように引越し屋さんが
ガラス戸を外そうとすると、

「あら?外れない」。

どうやら、ネジが壊れているようです。

「ヤバイ!洗濯機出せない!」

アタフタする引越し屋さん。
色々試したけど、ダメ。

 

ところがです。
今年に入り、何かをしたわけでもなく、
洗濯機の扉のプラスチックの部分が
全部バコンと割れて外れたんです。
(写真の赤で囲った部分)
本当、突然。

 


この状態でも使用可という事で、
そのままにしていました。

 

で、試しに、
外せないガラス戸をそのままにして
通してみると…
何と!

そのプラスチック分の幅で
通す事ができたんです!

 

うひょ〜〜高まるぅ。

 

ツキって貯められると思っているので、
こんな時に発揮できて、
よかったなぁと思うばかりです。

 


エステサロン「Heilen」HP

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です