11.2のyuriさんへ

 

11.2のyuriさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
先日、人生最大の挑戦をしました。
について。

 

この時期、
学面談があったりして、
受験生はバタバタしています。
 
 
本番が近づいてくるともはや
 
「なるようになれ!」
 
って感じにもなってくるので、
最も受験と向き合う時期かも
しれませんね。
 
 
私自身、受験生の頃は
気づいていなかったので
偉そうなことは言えませんが、
受験は実は「チームプレイ」
だったりします。
 
 
もちろん、
本人が頑張らなきゃいけないのは
いうまでもないですが、
その頑張りを支えてくれる人なくして
ベストのパフォーマンスはありません。
 
 
たまに、受験生を
免罪符のようにしてやりたい放題する
受験生を見かけますが、
長い目でみると、
それは非常にもったいないことです。
 
 
助けてくれる人には
徹底的に助けてもらう。
大人になっても大事なこと。
 
 
先日、福島県猪苗代にある
野口英世記念館を訪れました。
小学校修学旅行のとき以来、
およそ20年ぶり。
 
 
展示では、
英世の「出会い」についても
詳しく説明されています。
 
 
1歳の頃、火傷をして
指がくっついてしまった英世の
手術代をかき集めてくれた人。
 
 
英世の能力を見出し、
指南してくれた人。
 
 
親族でもないのに、
アメリカに行くお金を
借金までして用意してくれた人。
 
 
英世がいかに人に恵まれ
だからこそ
偉大な成果を成し遂げられた、
ということがわかります。
 
 
受験前に一度足を運んでみるのも
いいかもしれません。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です