恥をかくことのススメ ー 渡邉知樹

 

「旅に出たいけどお金がない」

そんな時に無料で移動できる方法として
ヒッチハイクを知り、始めました。
ぼくが20歳の頃、
今から19年も前の話です。

 

 

初めてやった時は恥ずかしくて、
なかなか手を上げることが
出来ませんでした。
道端で行き交う車を眺めながら、
ぼーっとしていたことを思い出します。

 

だけど、
「恥ずかしい」と思う自分が嫌だし、
勇気が無いことで色んな可能性を
無くしてしまうのはもったいないです。

 

ヒッチハイクはそれ自体、
きっと誰の迷惑になることでもないですし、
とにかく多少迷惑に思う人がいたとしても、
自分がやりたいことはちゃんとやる。

 

やりたい!と思えることは
実は素晴らしいことです。
そういう心の動きに対して、
なにか理由を付けて
やめてしまうことを続けると、
言い訳ばかりのつまらない人生に
なってしまうかもしれない。

 

逆にやりたいことなら、
勇気を出して行動出来れば、
その結果がどうなろうと、
自信に繋がります。
自信がつけば、もっともっと
色んなことに興味が湧くかもしれません。

 

だから、ぼくが恥ずかしくても
ヒッチハイクを続けてこれたことは、
結果的に自分の人生を
豊かにしてくれていると思います。

 

子供も大人も関係なく、
もっともっとみんな恥をかいて、
自分の心に素直に生きれたら良いなーと
思っています。

 

 


ブログ/渡邉知樹のぺぺぺ


2019年11月13日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 絵本作家 渡邉 知樹 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です