11.16の青羊さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
ちょうどサイズ ” について。
 
 
近年、勉強が
団体戦みたくなってきたな、
と感じます。
 
 
学校単位で、塾単位で
同じ思考、姿勢で
受験に向かうような。
 
 
それ自体を批判しようとは
思わないわけですが、
団体戦だと生徒の方も
その価値観に合わせるので必死になり
本当に大事なことが
見えなくなってくることもあります。
 
 
「学校についていけない」
「(他の)塾で教えられたやり方が
   わからない」
 
なんて相談を受けますが、

そもそもそれ、
受験にあんまり関係ないよね?
 
ということも多々あります。
 
一回飛び出して、
好きなように勉強してみたら?
 
なんて軽くアドバイスはしますが、
もちろんそれが難しいことであることは
重々承知。
 
 
コケたらどうする?

とか

仲間からなんと言われるか…

とか。
 
 
でもやっぱり「集団から外れてみる」
という行動は積極的にやって欲しいなと。
そうでないと見えないものが
多くあるのです。
 
 
確固たる価値観、
というのはすごそうだけど、
成長を阻害することもあったり。
いろいろ触れることが大事ですな、
と思うわけです。
 
 
昔はミュージシャンのソロ活動の意味が
全くわかりませんでした。
特にボーカルがソロ活動って、
何が変わるのよ。と。
 
 
しかーし。
今ならわかる、その重要さ。
ソロから戻ってきたときの成長、
というのはリスナーとしても
楽しみなものです。
 
 
えー! そっち行っちゃったの!

という驚きも少なからずありますが。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です